上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カシミヤと箱

床暖は暖かいぞ、ママ。
きちんとシッターさんのお世話でぬくぬくしてるカシミヤ君。



四苦八苦してなんとかポケットのチャックが開き望遠レンズを外す事ができたんです(大汗)


戦場ヶ原の木

所変わって戦場ヶ原へ移動。

ほーらほら、寒そうでしょう?

お日様なんて無くってよ、奥様!


果てしない道

足には滑り止めを、手には竹の杖を渡され…私の不安はずーんと増したのですよ。
この木の歩道をのしのしと歩き続け…(雪に埋もれた所は歩くのがやっとで撮れません)
個人旅行だったら絶対来ないだろうな、この季節に。。。



戦場ヶ原の葦

湿地帯なので逃げ出す事が出来ない。(逃げる気まんまん)
でも、しーんと静かで葦に囲まれた幻想的とも言える景色。不思議な気持ち。


戦場が原の葦2

風邪 風が止まった瞬間をシャッターチャーンス!!(偉そうに)


雪と木の実

普段、家の中でちまちまと撮っている私には大自然は難しい。
小物を見つけると嬉しくなってズームイン!


戦場ヶ原の白樺


帰り道、ほわっと日差しが出て来て空が美しい!
ナンデモ、写真家にとっては有名な「貴婦人」と呼ばれる白樺があるそうな。
「そこまで行きますか?」「………遠いんでしょ? 夕日に間に合わなくならないかしら?」



戦場ヶ原の山

なんか山って大きい、などと当たり前の事を実感しました。



続く  (えっ!へなちょこ写真で面白くない? ううむ そうだろうなぁ)




と言いますか、写真と言うのは性格が良く出てしまうのでもの凄く恥ずかしいです。
ツアーの中に、写真はほどんど撮った事の無い女性がいたのですが、、、ピュアなんです、視点が。
私の写真はちょこざいで、かと言ってデジカメの機能も使いこなせていないのでどうにも良くない。
なんだか悲しくなりました。

写ってるだけで嬉しかった子供の頃に戻りたいです。







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://carolqueen.blog94.fc2.com/tb.php/121-c631af60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。